任意整理について

多重債務に陥りどうしようもなくなった時には債務整理を行うほかありませんが、
債務整理の一つに任意整理があります。
任意整理は金利の免除と残債の軽減を図った上で、返済を行っていくものです。

それでは、任意整理について詳しく見ていきましょう。

任意整理とは

債務整理の中には任意整理、民事再生、自己破産の3種類があり、
この中からひとつを選ぶ必要があります。今回解説するのは任意整理です。

任意整理について

任意整理とは上記のとおり、利息の免除、月々の返済額の減額を目的としており、
可能な場合には過払い金を請求して残債を減らすこともできます。

つまり、現在課せられている利息や月々の返済額では返済困難ではあるものの、 利息をカットし、返済額を減額してもらえるならばきちんと元金の返済が行える人が選ぶ手段になります。

元金だけでも返すという点において自己破産とは違います。 したがって、自己破産を行う際には財産をすべて手放す必要がありますが、 任意整理の場合にはその必要はありません。

ここで気になるのは、上記の事を読んだだけでは債務者にとっては利益になるものの、 債権者には一切利益になることではないにも関わらず、 なぜ任意整理が成立するのかということです。 任意整理の場合には裁判所による法的な強制力も働かないため、ますます不可解に思えます。

これは、もしその債務者の要求をのまずに利息を含めた毎月の返済を求めたとき、 債務者は返済不可能として自己破産に至るほかないからです。 そうなれば、債権者は元金さえも回収することができなくなります。 これが債権者にとっては最も手痛い結果と言えます。

そうなるくらいであれば、金利のカットや月々の返済額を減額をしてでも、 元金を回収したほうがよほど利口というものです。 つまり、債権者としても、任意整理の要求を呑むことによって 取りっぱぐれる心配がなくなるのです。

このように、一見債務者のみにメリットがあるように思えるのですが、 実際には債権者にもある意味でのメリットがあるのが任意整理なのです。

したがって、専門家を通じて任意整理の手続きを行った場合には、 殆どの貸金業者が利息のカットとそれ以降の毎月の返済額の減額に応じてくれます。 また、弁護士が過去の取引履歴を紹介して過払い金を発見した場合には、 必ず貸金業者は過払い金を返還してくれます。 これも、過払い金を返さないことで勝てる見込みのない争いをするよりは、 おとなしく返還請求に応じたほうが利口だからです。

参考:ecmwbrightlingsea.com

任意整理はどのようにして行うか

任意整理は公的機関を通さずに、債権者と債務者の当事者間で勧められます。 公的機関を通さずに任意で行われることから任意整理と言われるのです。

当事者間の話し合いで進めていくということから、 債務者が個人的な話し合いによって進めていくこともできそうなものです。 たしかに、個人で行うことは完全に不可能であるとは言い切れませんが、 実際には様々な手続きや書類の処理、そして法的知識が必要となる話し合いなどが行われるほか、 交渉力もなければなりません。要は、債務者個人は殆どの場合素人であるのに対し、 債権者は玄人であるということです。

つまり、債務者が個人的に処理をしようとしても、ほとんど話し合いにならないのです。 債権者はおそらくまともに話を聞かないでしょうし、 話をしたところで債権者に有利な結果に持って行ってしまうでしょう。

したがって、任意整理をするときには債務者が個人的に進めるのではなく、 専門家である弁護士の力を借りて進めていくことになります。 弁護士に依頼することには単に交渉を有利に進めることが出来るだけではなく、 いくつかのメリットがあります。

弁護士を通しての交渉で取立てがストップする

まず、弁護士を通して交渉を開始すると、一切の取立てがストップします。 これは、弁護士が依頼を受けたとき、弁護士は債権者に対してこれから弁護士が 介入した上で任意整理が始まることを知らせる“受任通知”というものを送ります。 債権者は受任通知を受け取ると、任意整理が終了するまで一切の取立てを行うことが できなくなることが定められているため、それまでどれほど取立てが厳しかったとしても、 それらの取立ては一切行われることがなくなるため、債務者は枕を高くして寝られるのです。

弁護士に全ての処理を委任することが可能

さらに、弁護士に依頼をすると、債務者はその後は一切交渉にタッチすることなく、
弁護士にすべての処理を委任することができます
所詮素人である債務者は交渉の際にできることなどほとんどないわけですから、
全てを委任できることは大変便利なことです。
これは実際の交渉はもちろんのこと、書類作成なども含めたすべてを委任することができます。

したがって、任意整理において、債務者は弁護士に依頼を出せばそれで役目は終了となり、
あとは勝手に弁護士がやってくれます。
実力のある弁護士に依頼を出すことさえできれば、あとは安心して
傍観しておくことができるということです。
これは多額の借金を抱えており、これからの人生を悲観し怯えていた債務者にとって、
非常に大きなゆとりをもたらしてくれるありがたいことなのです。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理はメリットの大きなものですが、同時にデメリットもあります。
メリットとデメリットを把握しておきましょう。

メリット
任意整理のメリットは、なんといっても生活に支障をきたさないまでに借金返済による負担を軽減できるということです。 利息をカットし、月々の返済額を引き下げ、過払い金を請求して 元金返済に充当することで残債を大きく減らすこともできます。
過払い金請求に関しては、取引年数によって大きく効果が異なります。 特に効果が大きくなる目安は取引が5年以上に渡って続いている場合であり、 大きく残債を減らすことが可能となります。
取引年数が長ければ長いほど過払い金を請求することができる可能性は高くなり、 7年を超えている場合にはかなりの高確率で過払い金請求が可能となります。 取引年数が長ければ、弁護士は業者に過去の取引履歴を公開請求し、 利息制限法の上限利息に基づいて細かく計算し直し、 いくらの過払いが生じているかを算出します。 そして過払い金が発生していることがわかったならば 業者に対して過払い金を請求するのです。
こうして、のちの返済にかかる利息のカット、残債の減額などを行うことが 一つ目のメリットにあたります。 これは、複数の業者と取引していた場合には、 そのうちの数社や高金利の業者のみに対して行うこともできます。
この他にも、任意整理は公的機関を通していないことから、 書類収集の必要がなく、手続きも簡単なものとなることもメリットとなるでしょう。
また、任意整理は他の債務整理と異なり、官報に載ることがありません。 これによって、任意整理を行ったことを人に知られることがないこともメリットです。
デメリット
任意整理をすることのデメリットは、任意整理をした後の7年間、 任意整理をしたことが情報として信用情報機関に掲載されるということです。 これはつまり、7年間はブラックリストであるということです。 ブラックリストに載ってしまえばその期間中はローンを組む、借金をする、 クレジットカードを作るなどということができなくなります
しかしながら、日常生活に支障をきたすほどに借金に追われているからには、 その現実から逃れることが最優先ではないでしょうか。 ブラックリストに載ったとは言え、生活が不自由になることはそれほど多くないものです。 借金地獄から逃れられることを思えば、これくらいのデメリットは大したことではないでしょう。

COPYRIGHT© 2014 任意整理で金利の免除、残債の軽減を図る ALLRIGHTS RESERVED.